nowsketch.blog/戦姫絶唱シンフォギア | nowsketch.blog

戦姫絶唱シンフォギア

 第5期目「戦姫絶唱シンフォギアXV」が絶賛放映中の「戦姫絶唱シンフォギア」を紹介します。可愛い女の子達がシンフォギアという鎧をまとい、歌を力に変えて敵と闘うというシリーズも今作で第5弾になります。

 恥ずかしながら、自分はアニメから観たのでは無くパチンコでたまたま打ったら面白くて、原作観たいと思って観たらハマっていたアニメですね。パチンコから人気が過熱するアニメって結構多くて、エヴァンゲリオンとか緋弾のアリアとか、パチンコからファンを圧倒的に増やしたのはシンフォギアではないかと思っております

 この作品の何がいいかって、可愛い女の子たちが、とにかく歌う!そして闘う!なんなら敵も魅力的な女の子だったりして、その曲がまた素晴らしいです。話によると、こういう話中の曲というのはアフレコと別でスタジオで楽曲を録音して差し込むケースがほとんどらしいのですが、シンフォギアは1期からアフレコと一緒に曲も歌うという方式だそうで、闘うシーンで本当に歌われており、それ故の歌の迫力がめちゃくちゃ伝わってくるんです。そして、悠木碧さん(響)、水樹奈々さん(翼)、高垣彩陽さん(クリス)、日笠陽子さん(マリア)、南條愛乃さん(調)、茅野愛衣さん(切歌)、井口裕香さん(未来)という豪華声優陣が熱演し、熱唱するという贅沢極まりない作品ですよ、本当に(なんか、書いてて興奮してきたw)。

 携帯アプリ「戦姫絶唱シンフォギアXD」も人気だし、すでに4回開催されている「シンフォギアライブ」も毎回大盛況のようです(おじさんも、一度行って観たい・・・)。

作品DATA(wikipedia調べ)

戦姫絶唱シンフォギア 2012年1月〜3月放映

戦姫絶唱シンフォギアG 2013年7月〜9月放映

戦姫絶唱シンフォギアGX 2015年7月〜9月放映

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 2017年7月〜9月放映

戦姫絶唱シンフォギアXV 2019年7月〜放映中。

戦姫絶唱シンフォギア (第1期)

 風鳴翼天羽奏ツヴァイウィングのライブに来ていた立花響が、人間を炭に変えてしまうという認定特異災害ノイズに襲われる。奏が自らの命と引き換えに絶唱を歌い、ノイズを殲滅させる。2年後、奏のガングニールの破片を受けることにより、自らシンフォギアの奏者となる響、奏を失いも防人として闘う翼、謎の少女として響と翼を襲うも、仲間に加わる雪音クリス。策謀の主、フィーネとの決戦までが第1期の内容となります。

 5期まで続いたこの作品のやはり根幹とも言える作品かと思います。歌と葛藤しながら闘い、最後まで諦めずに挑むといった描写は、これぞシンフォギア。シリーズ続いていても、興奮や感動は1期が一番かなと今でも思います。前作観ずともぜひこの1期はぜひ観ていただきたい作品です。

戦姫絶唱シンフォギアG (第2期)

 フィーネの策謀「ルナアタック」を阻止した響たちの前に、フィーネと名乗る組織マリア・カデンツァヴナ・イヴ月読調暁切歌、指導者のナスターシャ教授ウェル博士が現れ、人類を救うための手段「フロンティア計画」を画策する。組織に拘束され神獣鏡の奏者となってしまう響の親友未来との闘いでフロンティアが浮上する。マリアたちは人類滅亡を野望とするウェル博士に疑問を抱き、響たちと協力しウェル博士が操るネフィリムに戦いを挑む。

 マリア、調、切歌がシンフォギア奏者として登場し、最初は響たちと闘い最終的に仲間になるまでを描いた作品。第1期と同様にこの2期が好きな人も多いみたいですね。闘いの中でお互いがいろんなことに葛藤し臨んでいく姿は、シンフォギアのひとつの醍醐味かと思います。マリアたちが加わってある意味シンフォギアの完成形となった作品になります。

戦姫絶唱シンフォギアGX (第3期)

 ノイズの脅威がなくなり国連直轄下の機動部隊S.O.N.G.」として再編された響たちの前に、自動人形(オートスコアラー)を従えた錬金術師キャロル・マールス・ディーンハイムという新たな敵が現れる。錬金術師たちから亡命したエルフナインの手により、シンフォギアを強化するイグナイト・モジュールを手に入れ錬金術師に立ち向かう。しかし、遂にキャロルは幽閉から解き放たれたウェル博士と共謀し、世界解剖計画万象黙示録を決行。チフォージュ・シャトーが動き出す。世界の分解の進行を進める錬金術師キャロルに、響たちがエクスドライブを発動し立ち向かう。

 第1期と第2期とはガラッと変わり、個性的なオートスコアラーや脅威的な力を持つ錬金術師キャロルが響たちを翻弄します。キャロルの声はこれまた人気の声優さん水瀬いのりさんです。ひとりで90億の絶唱を凌駕する歌を唄うキャロルを熱演しております。自分的には、オートスコアラーのガーリーミカが響たちにとっては嫌な敵ですが、何気にチャーミングで結構好きでしたね。

戦姫絶唱シンフォギアAXZ (第4期)

 キャロルとの戦い「魔法少女事変」の後、歴史の影で暗躍していた錬金術師たちの組織パヴァリア光明結社と邂逅。サンジェルマンカリオストロプレラーティの幹部たちを率いるアダム・ヴァイスハウプトと響たちの闘いが始まる。オートスコアラーティキに宿った「神の力」の利用を企むアダムと響たちのより壮大で壮絶な闘いが始まる。

 さすがに4作目となると若干お腹いっぱい感が否めないですが、やはり毎回個性的な敵が登場するシンフォギア。今作も、サンジェルマン(寿美菜子さん)、カリオストロ(蒼井翔太さん)、プレラーティ(日高里菜さん)と人気どころの声優さんが参加して盛り上げております。終盤にサンジェルマンが響とわかり合う描写があるのですが、全作通してこのシンフォギアに登場する敵は、完全悪ではなくさりげない優しさといった部分を取り入れ、魅力的に見せているところもこの作品の良さではないかと思います。

 

戦姫絶唱シンフォギアXV (第5期)

 現在絶賛放映中の「戦姫絶唱シンフォギアXV」です。新たな錬金術師たちとの闘い、またその中で蘇るキャロルとオートスコアラー。この展開は想像していなかったので、本当に鳥肌が立ちました。物語は終盤に向けて進んでおります。3期4期と出番少なめの未来がどうなってしまうのか?この5期のクライマックスを迎えようとしております。見逃せません。

あわせて読みたい